1. top
  2. TOEIC200

TOEIC200

第9回 指名 (未返答 : 0/2件)

※内定年収が、デザイナードラフト上で提示した提示年収の90%を下回ることは禁止しています。
※契約締結時の金額が、デザイナードラフト上で提示した1時間あたりの業務委託料の90%を下回ることは禁止しています。

TOEIC200の経験プロジェクトについて(登録件数:5件)
経験したプロジェクトのカテゴリ
webサービス スマホアプリ 自社プロダクト その他
経験した主な役割
  • イラストレーター
  • UXデザイナー
  • その他
  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
使用ツール・技術
  • Photoshop CC

経験プロジェクト1
添付資料の数3点
こちらは非公開に設定されています
経験プロジェクト2
添付資料の数2点
こちらは非公開に設定されています
経験プロジェクト3
添付資料の数8点
こちらは非公開に設定されています
経験プロジェクト4
添付資料の数3点
こちらは非公開に設定されています
経験プロジェクト5
添付資料の数3点
こちらは非公開に設定されています
TOEIC200のポートフォリオについて(登録件数:3件)
 ポートフォリオ詳細1
こちらは非公開に設定されています
 ポートフォリオ詳細2
こちらは非公開に設定されています
 ポートフォリオ詳細3
こちらは非公開に設定されています
TOEIC200の3年後の目標や野望
初めての人でも優しいデザイン制作・進行
現職の会社で一番課題に感じているのが、とりわけビジネスサイドの人達が、デザイナーにデザインを依頼する際の方法やお作法がわかっていない事です。これは、デザインを発注するという経験が圧倒的に足りておらず、デザインが必要な事はわかっているけど、依頼方法を学ぶ場もない事が問題としております。 しかし、そういうデザインの依頼方法がわからない人達を「理解がない」と避けていては、デザインに対する知識・関心を持つクライアントは世の中に増えていかないのです。だから私は、デザイン知識のない人とでもうまく案件をリードし、デザインの依頼が楽しいものだと思ってもらえるような、「最強の初心者チュートリアル」になる事を目指しています。 それが私の考える、デザイン業界に対する社会貢献です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー だから私は、下記のような「初体験」を作っていきたいと思っております。 ・デザインってこういう流れで作っていくんだ ・デザインを作るってこんなに楽しいんだ ・デザインに注力するとこんな結果が返ってくるんだ
TOEIC200のアウトプット(各種サービスアカウントやブログのURLなど)

dribbble:

Bēhance:

Github:

Note:登録あり

DeviantArt:

ArtStation:

Pixiv:

Vivivit:

TOEIC200の人となり
デザイナーとしてのあなたの強み、他人から評価されているポイントは何ですか?
「おもしろい×ロジカル」の2つが絶妙なバランスを保っている事が、私の評価ポイントです。 一見「おもしろい」と言うと「ちょっとお調子者でおちゃらけた雰囲気があるのかな」と思われ、 一方で「ロジカル」と言うと「頭良くて他人を受け付けない雰囲気があるのかな」と 思う人が多いのではないでしょうか。 そんな相反する2つの言葉を両方成立させているのが私です。 喋りはおもしろく戯けた感じなのに、お仕事の提案内容はロジカルで、ギャップで攻めていきます。
デザインする際に大事にしていること
▼たのしくいきましょ デザイン制作は、クライアントやチームメンバーにとって楽しい経験になってナンボだと思っております。だから、アウトプットだけではなく制作過程も楽しいものでなくてはなりません。私はあくまでお客さんを喜ばせるエンターテイナーとして振る舞う事を大事にしております。 ---------------------------------------------- ▼クライアント様・企業様にとって一番良い形になる事を目指す 私の目指すべきところは「デザイナーが活躍する事」より「クライアント様・企業様にとって一番良い形になる事」だと考えております。 例えば、これは正直驚かれるかもしれませんが、時として「優先して採用すべきはデザイナーではない」「デザインではなくビジネスのプライオリティをあげた方がいい」など、その会社の状況によってその方が最適解であると判断した場合には、デザイナーである自分が活躍しないような提案を出させて頂く場合がございます。
今後身につけなければいけないと思っていること
▼時代の変化を見抜く力、時代の変化についていく力 私が特に注目している社会変化が「グローバル化」と「外国人労働者の増加」です。生活習慣だって、物の考え方だって全く違う彼らの消費者ニーズをどうやって掴みにいけばいいの?と考えております。 特に今の職場で多くの外国人の方と一緒にお仕事をしているため、彼らが決して「便利な労働力」でも「異質で自分とは関係のない人達」でもない事を実感しております。彼らはこれから一緒に日本で生活を共にする「新しい生活共同体のメンバー」なんです。 未来の生活者のニーズを掴んでいくのはデザイナーの役割です。私はこの時代の変化に真摯に向き合いたいです。
デザインしたい分野
正直、きちんとした課題解決の体裁に乗っ取っているなら何でも良いんじゃないか、と思っています。実際に、今の業務でやっている事をピックアップすると… ・デザイン ・イラスト/アニメーション ・コピーライティング ・マーケティング企画    等々 他のデザイナーの方と比較しても明らかにオールラウンダー型なので、とりあえずデザインに隣接する領域の事は一通り業務として経験をしております。このように、現時点でも「何でもあり」と化しているため、デザインの分野に拘りを持つ必要はないのではないか、と考えております。
仕事をする上で影響を受けた本と、その理由
未入力
趣味、プライベートにおけるこだわり
未入力
パフォーマンスを出せる環境
褒めてもらえるとやる気が出ます。
オススメのツールやプラグイン、ガジェットなど
未入力
TOEIC200のキャラクター
直近で一番やりたいこと
その他
好きなスタイル
好きな組織体制は?
あなたの興味は?
自信を持って人より秀でていると言える点
  • 企画立案力
  • 営業力
  • プレゼン力
会社を選ぶ一番の基準
色々なアウトプットができる
やりたくない分野
  • 出会い系・アダルト
その他の特徴
  • 受賞歴がある
やりたい事
著名なサイト、ビッグタイトルの制作、あるいはデザインの賞に関わるような制作に携わりたい
企業やプロダクトなどのブランディングにも携わりたい
好きな分野にデザインすることで関わりたい
手を動かしてデザインをしていたい
新しい案件をデザインし続けていたい
1つのサービス、プロダクト、案件に長く携わり改善を積み重ねていきたい
デザイン以外の周辺領域(プロジェクト管理、技術、企画など)にも携わりたい
マーケティング分野に携わり、顧客、商品、市場などの分析をしたい
人の育成・マネジメントをしたい
プロジェクトの計画・工数管理・人員調整をしたい
社内のデザイナー文化や組織作りから携わっていきたい
TOEIC200の基本情報
好きなフォントヒラギノ角ゴ
年代30代前半
次回デザイナードラフトは、
2019年11月20日開催予定!
開催まであと
34
TOEIC200
今年で30代前半
ヒラギノ角ゴ
大学卒業/修了