[2020年のデザイナードラフトの開催に関するお知らせ](https://designer-draft.jp/articles/155)
  1. top
  2. shinya

shinya

第10回 指名 (未返答 : 0/1件)

※内定年収が、デザイナードラフト上で提示した提示年収の90%を下回ることは禁止しています。
※契約締結時の金額が、デザイナードラフト上で提示した1時間あたりの業務委託料の90%を下回ることは禁止しています。

shinyaの経験プロジェクトについて(登録件数:未登録)
経験したプロジェクトのカテゴリ
未入力
経験した主な役割
未入力
使用ツール・技術
未入力

shinyaのポートフォリオについて(登録件数:1件)
 ポートフォリオ詳細1
こちらは非公開に設定されています
shinyaの3年後の目標や野望
世界最高のクリエイティブチームを作りたい
ポートフォリオサイトに書いていますが、今一番やりたい事は、 【世界最高のクリエイティブチームを作りたい】 でしょうか。 人の関心がモノから「コト」に変化した今では、デザイナー一人で求められるものすべてに対応できる時代ではなくなりました。 その場合、必ず仲間の力を借りなければいけません。 人種・性別・年齢・国籍・得意不得意・好きな事・バックグランド等々、様々な人々が寄り集まって、一つの「チーム」を作ります。 多様な人が寄り集まったチームで、「コトに向き合い続ける」チームを作りたいと思っています。 何となく一人でやるより、皆で何かを達成する方が、かっこよくないですか!(^^) 最近気付いたのですが、その為に目標としている人物が、デザイナーの「坪田朋」さんだと思っています。
shinyaのアウトプット(各種サービスアカウントやブログのURLなど)

dribbble:

Bēhance:

Github:登録あり

Note:

DeviantArt:

ArtStation:

Pixiv:

Vivivit:

shinyaの人となり
デザイナーとしてのあなたの強み、他人から評価されているポイントは何ですか?
・クリエイティブの数値化が得意 ・意思決定が早い ・実装が得意・実装まで考慮したデザインが作れる ・デザインの仕事だけ出来ればいいと思っていない  ・いわゆる「BTC人材」になりたいです ・施策でちゃんと数字出す事が多い --- デザイナーとしてではないですが、めっちゃいい人らしいです。 子供にめっちゃ好かれるし、よく外国人に道を聞かれます。もちろん全部答えています。 ギャロップ社の国際調査によると、日本人はトップクラスに他人に冷酷らしいです。139か国中136位とワースト3位に近い。 5人中4人は他人を助けないらしいです。 そんな日本の中で、僕は他人をよく助ける人らしいです。
デザインする際に大事にしていること
## あるべき姿を捉える 作る前に必ず、クリエイティブの「あるべき姿」を定義します。 ## 主語を設定する 上記の「あるべき姿を捉える」事と似ていますが、何か作る際は「主語」を設定する事を大事にしています。 理由は、人が何か作品を生み出す時は、必ず「伝えたい事」があって作品を作るので、それには「誰に?なぜ?何の為に?どの様に?」伝えたい欲求が隠れ潜んでいるからです。 ## 数字を意識して仕事をする これは、鳥嶋和彦氏のインタビューの「プロの仕事には全て数字が付いてまわる」という言葉と、武井壮の「価値はそれを求めている人の数で決まる」という言葉に影響を受けています。
今後身につけなければいけないと思っていること
・ビジネススキル ・マネジメントスキル
デザインしたい分野
あまりジャンルを縛ることはしたくないと思っています。 興味があれば、デザイン以外の分野にも積極的に関わっていきたいと思っていますが、強いて上げると以下の事だと思います。 --- ・良くも悪くも、最初のデザイナーや0→1のフェースが多かったので、大きいチームで仲間のデザイナーの能力を吸収しながら、成長していきたい。 ・企画が作れるデザイナーになりたい ・SPAのWEBアプリのデザインをもっとやってみたい  ・ネイティブアプリと遜色がない体験設計が出来る  ・ネイティブアプリとは違う設計もできる(レスポンシブ対応等)  ・逆にネイティブアプリじゃないと出来ないことも知ることができる(カメラアプリ等)  ・スピーディーにPDCAを回すにはWEBが最適なので、今後新規事業はSPAが主流になると思っているため  ・ネイティブアプリとやっている事は同じなので、経験すればWEB・APP両方ともに応用が出来る
仕事をする上で影響を受けた本と、その理由
### あなたの中のヒトラーが会社を滅ぼす 気づかずに自分の内に秘めている「エゴ」を認識させられる、良い本でした。 ただ右脳よりに語り過ぎて、左脳の思考を下げようとしている気がしたのはマイナスでした(バランスが大事) --- ### 不格好経営 DeNAの泥臭いやり方が好きで、創業期から現在までの話を、赤裸々に語っていて面白かったです。 --- ### ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門 ロジカルシンキングでは到達できない、横軸から課題にアプローチする方法に感銘を受けました。
趣味、プライベートにおけるこだわり
プライベートでは、ペットの小鳥と遊んだり、料理をしたりするのが好きです。 基本的に家に篭って、サービスの企画を考えたり、デザインを考えたり、実際に実装して作ったりしている事が多いです。
パフォーマンスを出せる環境
・やりたい事を否定されない(レコグニションの精神で) ・程よく厳しく、普段は仲良くしている様な組織 ・新しい事をどんどんとチャレンジ出来る・後押ししてくれる ・課外活動を認めてくれる
オススメのツールやプラグイン、ガジェットなど
### Figma Slack通知や、デザイナー・エンジニアと共同作業が出来たり、Figma上でガンガンコメントを残せるので、作業がとても捗っています。 ### GatsbyJS ネイティブアプリと遜色ない体験設計が、Webで作れるので気に入っています。
shinyaのキャラクター
直近で一番やりたいこと
サービスを作りたい
好きなスタイル
好きな組織体制は?
あなたの興味は?
自信を持って人より秀でていると言える点
  • スピード
  • 分析力
  • 調整力
会社を選ぶ一番の基準
一緒に働く人
やりたくない分野
  • ゲーム
  • 受託系制作会社
その他の特徴
未入力です
やりたい事
著名なサイト、ビッグタイトルの制作、あるいはデザインの賞に関わるような制作に携わりたい
企業やプロダクトなどのブランディングにも携わりたい
好きな分野にデザインすることで関わりたい
手を動かしてデザインをしていたい
新しい案件をデザインし続けていたい
1つのサービス、プロダクト、案件に長く携わり改善を積み重ねていきたい
デザイン以外の周辺領域(プロジェクト管理、技術、企画など)にも携わりたい
マーケティング分野に携わり、顧客、商品、市場などの分析をしたい
人の育成・マネジメントをしたい
プロジェクトの計画・工数管理・人員調整をしたい
社内のデザイナー文化や組織作りから携わっていきたい
shinyaの基本情報
好きなフォントニューロダン、ラグランパンチ、ヘルベチカ
年代30代中盤
shinya
今年で30代中盤
ニューロダン、ラグランパンチ、ヘルベチカ
未入力