1. top
  2. ID:2270さん

ID:2270さん

第3回 BIDDINGS

まだ何もありません
ID:2270さんの3年後の目標や野望
デザイナーの垣根を超えて、サービスの質に責任を持てるクリエイターになりたいです。
サービスは、市場での立ち位置・コンセプト・UX・UI・ビジュアルデザイン・技術の全てから成り立っており、どれか1つが優れていても、良いサービスにはならないと思っています。 見た目だけ綺麗なものを作るのではなく、ユーザーにとってのより価値の高いものを提供したいです。 →その為には、営業や企画の方、エンジニアの方など、チームで一丸となってものづくりを行う必要があると感じています。「デザイナーだから」と線引きしてしまわず、コーディングや企画のノウハウ等の共通言語を学ぶことでコミュニケーションを円滑にし、サービスの質を高める為に日々精進したいと思っています。
ID:2270さんの経験プロジェクトについて
経験したプロジェクトのカテゴリ
webサービス 自社プロダクト
経験した主な役割
  • Webデザイナー
  • UIデザイナー
  • UXデザイナー
使用ツール・技術
  • SourceTree
  • scss
  • Git
  • Eclipse
  • bitbucket
  • Zeplin
  • Prott
  • JSP
  • Sketch4
  • SEO
  • HTML5
  • GitBucket
  • CSS
  • photoshop
  • XD
  • AdobeIllusrator
ID:2270さんのアウトプット

dribbble:

Bēhance:

Github:

Note:

DeviantArt:

ArtStation:

Pixiv:

Vivivit:

ID:2270さんの人となり
デザイナーとしてのあなたの強み、他人から評価されているポイントは何ですか?
エンジニア出身のため、実装上の不都合や開発現場でのスピード感がわかることです。 デザインを提案してエンジニアが苦い顔をしたときに、「では(実装的に)こうするのはいかがですか?」と提案することで、コミュニケーションの摩擦を軽減することができていると感じています。 また、「どうしても明日、リリースして、ABテストを試したい」というような案件にも、その場でデザインを指示することで最低限のクオリティを担保できるよう努めています。
デザインする際に大事にしていること
本質が何か、を考えるように意識しています。 「このサービスは誰にとって価値があるのか」 「この機能は何故必要なのか」 ただ綺麗なものを作るだけ、ではただのオペレーター。 誰に向けて、どんな価値を提供したいのか。 その為に、どんなデザインがより良いラッピングになるのかを深掘りすることで、より良いアウトプットに繋げられると思っているからです。
今後身につけなければいけないと思っていること
グラフィックデザインスキル(タイポグラフィ、レイアウト等)
デザインしたい分野
Web,アプリ
仕事をする上で影響を受けた本と、その理由
未入力
趣味、プライベートにおけるこだわり
イラストを書くことが好きです。 1日の終わりに、自分が思うがまま絵を描いています。 描き溜まったら、デザインフェスタに出展したいと思っています。
パフォーマンスを出せる環境
プロダクトマネージャー・営業・企画・エンジニア・デザイナー・テスターの方など、サービスに関わるすべての職種の人がフラットにものづくりを行える環境。
オススメのツールやプラグイン、ガジェットなど
Sketch、Zeplin、Dreamweaver、Atom、Wondershare Filmora(動画作成ソフト)
ID:2270さんのキャラクター
直近で一番やりたいこと
サービスを作りたい
好きなスタイル
好きな組織体制は?
あなたの興味は?
自信を持って人より秀でていると言える点
  • プログラミング能力
  • 企画立案力
会社を選ぶ一番の基準
一緒に働く人
やりたくない分野
  • 出会い系・アダルト
その他の特徴
  • エンジニア出身
ID:2270さんの基本情報
好きなフォントヒラギノ UD角ゴ、游ゴシック
年代20代後半
次回デザイナードラフトは、
2018年10月10日開催予定!
開催まであと
172
ID:2270さん
今年で20代後半
ヒラギノ UD角ゴ、游ゴシック
未入力