1. top
  2. teruuuki

teruuuki

第9回 BIDDINGS

まだ何もありません
teruuukiの経験プロジェクトについて(登録件数:1件)
経験したプロジェクトのカテゴリ
webサービス 受託案件
経験した主な役割
  • Webデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • UIデザイナー
使用ツール・技術
  • HTML5
  • Excel
  • CSS3
  • PowerPoint

経験プロジェクト1
添付資料の数2点
プロジェクトの詳細

・大手物流システムメーカーの大規模なコーポレートサイトリニューアル案件
・プロジェクト終了後、日興アイ・アール株式会社による「2018年度 全上場企業ホームページ充実度ランキング調査」にて、総合ランキング優秀サイト受賞
http://www.nikkoir.co.jp/rank/pdf/nkir_result_2018.pdf
・日本サイトのみで300ページ以上。世界約20カ国のページが存在。
・トップページから全ページのUIデザイン、パーツデザイン、クリエイティブ制作、デザインガイドライン策定を担当。
・コーポレートカラーを軸としてトンマナを定め、策定したガイドラインに則りパーツリストを作成。
・デザインガイドライン/パーツリストについての詳細:
一言で言えば「デザイナー不在でもエンジニアのみで更新可能なレギュレーション」。カラースキーム、h1〜h4の見出しの体裁、テーブルやボタンなどのパーツの体裁のルール策定を行った。
・世界各国に多くの閲覧者が存在すること、また、ページ数の膨大さから、「迷わない使いやすいサイト」となるよう心がけUIデザインを行った。特にSPではパーツのサイズやコンテンツ間の余白などに注意を払った。
・デザイン以外では、ディレクターとともに、週一で先方社内で開催されるミーティングに参加し、デザイン的な提案などを行った。
・デザイン的な提案の詳細:
先方のリニューアルに際しての最も大きな課題が「先進性の欠落」であった。
トレンドを抑えつつも極力普遍的で且つ工業的なイメージを保持したUIデザイン提案を行った。

teruuukiのポートフォリオについて(登録件数:1件)
 ポートフォリオ詳細1
こちらは非公開に設定されています
teruuukiの3年後の目標や野望
「設計」をすることができるUI/UXデザイナーになりたい。
日本においても、デザイナーという職種の在り方、求められることが大きく変化していること、また、人工知能の進化、「デザイン経営」「デザイン思考」の促進なども相まって、国内における従来の「デザイナー」では価値を示すことが難しくなると感じています。 自分自身の成長のため、また、デザイナーとして社会に貢献し続けるためにも、表層的ではなく、上流工程、根幹から設計に携われるよう、UI/UXを追求していきたいと考えています。 具体的には、例えばアプリや自社サービスなどのUI設計など、プロトタイプを作成し繰り返しテストをし、ユーザビリティの追求やUX改善を行うなど、携わったことにより結果・成果をダイレクトに体感できる仕事がしたいです。
teruuukiのマネージメント能力
あなたは何をマネージメントしていましたか?
デザイン部門責任者のマネージャーとして、 ・デザイナー十数名のクオリティコントロール ・管理、教育 ・人事、査定 ・社内デザインガイドライン策定 など
その対象をどのような状態にする責務がありましたか?
生産性向上、品質向上
その状態を作るためにあなたはどのように考えましたか?その途中でどのような問題や障害があり、どう工夫したのかもご記載ください。
・生産性について 著しく生産性の低い対象に対しては、ショートカットなどのオペレーションスキルの共有は前提として、マインド的な要因であることが多いため、個別にヒヤリングを実施し、どの工程で何につまずいているのかを特定し、自らの知見などからアドバイスを提示。進捗を定期的にチェックしていった。 人材によっては、そもそもの資質から成長が困難なケースも多々あったが、長めに期間を設け、各対象に合わせた指導を行った。 ・品質について デザイナー毎のスキルを定量的に測るために、文字組、配色、レイアウトなど、デザインを構成する要素を細分化し、部下であるチーフデザイナーと共に各項目を評価し数値化した。 評価者の主観の介入を極力防ぐために、評価基準(デザインガイドライン)を制定し、それを基に評価。著しく評価者間の評価のズレが生じた事案に関しては、ミーティングを実施し、擦り合わせを行った。 それを受け、評価対象は部内平均と自身との差を数値で理解可能となるため、どの項目がどれだけ出来ていて出来ていないかを把握し、数値向上を目指しスキルアップへと繋げることが出来た。 また、案件に難易度を設定し、数値の高い者のみが担当可能な案件も存在し、全員が担当を目指そうとすることで、競争意識も生じていた。
teruuukiのアウトプット(各種サービスアカウントやブログのURLなど)

dribbble:

Bēhance:

Github:

Note:

DeviantArt:

ArtStation:

Pixiv:

Vivivit:

teruuukiの人となり
デザイナーとしてのあなたの強み、他人から評価されているポイントは何ですか?
・スピード ・ロジカルシンキング ・ビジュアル作成能力 ・デザインだけでなくコーディングまで対応可能(html5 / CSS3 / 多少jQuery) ・紙媒体出身のためDTPにも対応可能(印刷物やロゴ制作など) ・先進性(センス) ・提案力
デザインする際に大事にしていること
デザインは「設計」であるという大前提を忘れないこと。 没頭しすぎると、つい自身の嗜好が介入しすぎることもあるため、常に自分を俯瞰で見られるように努めています。 また、特にWEBは「使ってもらうもの」というプロダクトデザイン的な側面も強いため、ユーザビリティ優先のためであれば多少の美観の崩れは厭わないスタンスをとっています。
今後身につけなければいけないと思っていること
・マーケティングやブランディングなどの知識 ・経営的な視点をもつこと
デザインしたい分野
アプリや自社サービスなどのUIデザイン
仕事をする上で影響を受けた本と、その理由
D.A.ノーマンの誰のためのデザイン? 全てのデザイナー、デザインに関わる人が読むべき本。 デザインに関する根源的なことが書かれている。
趣味、プライベートにおけるこだわり
・お酒を飲み人と関わる ・映画やドラマなどからデザイン的なインスピレーションを得る
パフォーマンスを出せる環境
社内トップまたは部門トップがデザインに対する理解が深い環境
オススメのツールやプラグイン、ガジェットなど
Adobe XD Atom
teruuukiのキャラクター
直近で一番やりたいこと
UIを極めたい
好きなスタイル
好きな組織体制は?
あなたの興味は?
自信を持って人より秀でていると言える点
  • スピード
  • ビジュアル作成力
  • 分析力
会社を選ぶ一番の基準
風通しの良さや意思決定ライン
やりたくない分野
  • 出会い系・アダルト
  • 受託系制作会社
その他の特徴
未入力です
やりたい事
著名なサイト、ビッグタイトルの制作、あるいはデザインの賞に関わるような制作に携わりたい
企業やプロダクトなどのブランディングにも携わりたい
好きな分野にデザインすることで関わりたい
手を動かしてデザインをしていたい
新しい案件をデザインし続けていたい
1つのサービス、プロダクト、案件に長く携わり改善を積み重ねていきたい
デザイン以外の周辺領域(プロジェクト管理、技術、企画など)にも携わりたい
マーケティング分野に携わり、顧客、商品、市場などの分析をしたい
人の育成・マネジメントをしたい
プロジェクトの計画・工数管理・人員調整をしたい
社内のデザイナー文化や組織作りから携わっていきたい
teruuukiの基本情報
好きなフォントDIN Gotham Helvetica TBゴシック
年代30代後半
次回デザイナードラフトは、
2019年09月18日開催予定!
開催まであと
2
teruuuki
今年で30代後半
DIN Gotham Helvetica TBゴシック
未入力