[2020年のデザイナードラフトの開催に関するお知らせ](https://designer-draft.jp/articles/155)
  1. top
  2. ID:8180さん

ID:8180さん

第10回 BIDDINGS

まだ何もありません
ID:8180さんの経験プロジェクトについて(登録件数:未登録)
経験したプロジェクトのカテゴリ
未入力
経験した主な役割
未入力
使用ツール・技術
未入力

ID:8180さんのポートフォリオについて(登録件数:1件)
 ポートフォリオ詳細1
こちらは非公開に設定されています
ID:8180さんの3年後の目標や野望
ユーザとのコミュニケーションを一気通貫でできる事業をつくる
本当の提供価値や人の感動は、全体を考えて事業に対してどれだけ自分ごととして考えられるか?エンドユーザーとのコミュニケーションを考慮しきれるか?だと考えているため。
ID:8180さんのアウトプット(各種サービスアカウントやブログのURLなど)

dribbble:

Bēhance:

Github:

Note:

DeviantArt:

ArtStation:

Pixiv:

Vivivit:

ID:8180さんの人となり
デザイナーとしてのあなたの強み、他人から評価されているポイントは何ですか?
過去一緒に働いた同僚デザイナーやマーケッターからは、「事業経営の目線だ」と言われることが多いです。
デザインする際に大事にしていること
チームメンバーとの調和です。 一人で出来ているPJなんて、基本的にないからです。 共通基盤となる言葉を使うことです。カタカナの横文字は特殊な専門用語はなるべく使わないように言語化することを心がけています。特に、「デザイン的に」とかは気をつけてます。
今後身につけなければいけないと思っていること
チーム横断で本当に一気通貫になっているプロダクトやサービスの設計を、第一人者としてすることです。 足がかりがあるものならヒントがあると思いますが、そうでない場合はゼロから考えていかないといけません。 今、新規事業に関わる機会があり、それを感じています。
デザインしたい分野
何でも楽しめると思います。 サービスに直結するデザインだと良いです。
仕事をする上で影響を受けた本と、その理由
・誰のためのデザイン 読んだのは学生の頃ですが、ノーマンの考え方は自分の基本になったと思います(言葉遣いが難しいことも学びましたが)。 ・状況に埋め込まれた学習 これも学生の時に読んだ本ですが、「人が気づいたり学ぶとは?」 を知るきっかけになりました。UIにおいても学習コストなどの考え方がありますが、そこにも関係し得るなと思いつつ、人間中心で考えることの意味を知りました。 ・ブレーン(雑誌) クリエイティブの最新情報や、つくられるまでの過程を読めたりできて面白いから
趣味、プライベートにおけるこだわり
お酒はほどほどに。
パフォーマンスを出せる環境
ディスカッションできる環境
オススメのツールやプラグイン、ガジェットなど
未入力
ID:8180さんのキャラクター
直近で一番やりたいこと
サービスを作りたい
好きなスタイル
好きな組織体制は?
あなたの興味は?
自信を持って人より秀でていると言える点
  • 企画立案力
  • 情報設計能力
  • 分析力
会社を選ぶ一番の基準
理念や社会的意義
やりたくない分野
  • ゲーム
  • 出会い系・アダルト
  • 受託系制作会社
  • 広告
その他の特徴
未入力です
やりたい事
著名なサイト、ビッグタイトルの制作、あるいはデザインの賞に関わるような制作に携わりたい
企業やプロダクトなどのブランディングにも携わりたい
好きな分野にデザインすることで関わりたい
手を動かしてデザインをしていたい
新しい案件をデザインし続けていたい
1つのサービス、プロダクト、案件に長く携わり改善を積み重ねていきたい
デザイン以外の周辺領域(プロジェクト管理、技術、企画など)にも携わりたい
マーケティング分野に携わり、顧客、商品、市場などの分析をしたい
人の育成・マネジメントをしたい
プロジェクトの計画・工数管理・人員調整をしたい
社内のデザイナー文化や組織作りから携わっていきたい
ID:8180さんの基本情報
好きなフォントoptima
年代30代中盤
ID:8180さん
今年で30代中盤
optima
大学院(修士課程)卒業/修了